これを見ればあなたもフォトグラファーになれる!

これを見ればあなたもフォトグラファーになれる!

スマホの浸透、SNSの流行などで「写真」がぐっと身近なものになりました。カメラの性能も上がり、ちょっとしたコツを覚えれば誰でもそれなりに素敵な写真がとれることもあって、カメラや写真の楽しさにハマる人が増えています。ハマればハマるほど奥が深い写真の世界にどっぷり浸かって、写真のアルバイトを始めたり、プロのフォトグラファーを目指す若者も多いようです。そんな人のために、フォトグラファーの仕事内容や働き方などを紹介します。

専属カメラマンと違う点とは

プロのフォトグラファーとして生計を立てる時には、2つの分かれ道を選び、どちらかの道を進むことになるでしょう。一つ目が企業に所属し、安定した収入を得ながら空いた時間に好きな写真を撮影するというスタイルの「専属カメラマン」です。二つ目が好きな写真を撮影し、その写真をどう報酬にしていくかを考えながら生活をする「フリーランスカメラマン」です。どちらにもメリット・デメリットがありますが、最終的に「好きな写真を撮影し、安定した収入を得る」という目標は同じです。

アルバイトからプロを目指すには

アルバイトからプロのフォトグラファーになる方法を紹介します。まずアルバイトを探すためにスマホを利用しましょう。ネット上の求人情報をチェックして写真撮影と関係のあるアルバイト先を探しましょう。アルバイトを始めたらプロのフォトグラファーの下でアシスタントをして経験を積み、スキルアップを目指します。独立後のために周囲のスタッフとコミュニケーションを取り、プロになった後に仕事がもらえるような環境づくりもしておきましょう。

写真で感動を与えよう

プロのフォトグラファーの仕事は写真を撮影することですが、できあがった写真には明確な目標があるため、好きなように写真撮影を楽しめば良いアマチュアとは一線を画しています。深い知識と多彩な機材を手に、目的に沿った写真を撮影できる人だけがプロのフォトグラファーを名乗れます。撮影をする被写体にはいろいろな仕事をしていて、いろいろな世代のいろいろな国の人がいます。たくさんの人との出会いがあるのはフォトグラファーの仕事の大きな魅力でしょう。

アクセス数の多いページ

独立の準備をしよう
独立の準備をしよう

プロのフォトグラファーになる前に準備をしておきたいことがあります。まず会社員からフリーランスになる場合は、クレジットカードの作成や事務所の賃貸契約などを済ませておきましょう。会社員時代と違い、フリーランスの社会的信用はかなり低いので審査に通りにくくなるからです。またフリーランスになったらすぐに開業届を提出し、確定申告の準備や健康保険の切り替えなども行う必要があります。その場になって慌てないために、事前の準備が大切です。

続きへ
スタジオマンは撮影補助から始められる
スタジオマンは撮影補助から始められる

プロのフォトグラファーを目指すために、まずは写真撮影関連のアルバイトから始める方法があります。写真スタジオでは、広告写真や雑誌媒体の写真などの撮影を行うことが多いですが、スタジオでプロのフォトグラファーの撮影補助をする「スタジオマン」という仕事があります。スタジオマンはアルバイトとして写真撮影に携わる仕事としておすすめです。アシスタント業務を通じて、プロのフォトグラファーのテクニックや考え方など学ぶことも多いでしょう。

続きへ
初心者が買うべきカメラとは
初心者が買うべきカメラとは

プロのフォトグラファーになることに興味がある人は、本格的なカメラを購入しましょう。本格的なカメラとはデジタル一眼レフカメラのことで、プロはこのカメラを使っています。まずは入門機を購入し、操作方法などに慣れてみましょう。具体的にはCanonの「EOS Kiss X7」、Nikonの「D3300」、Pentaxの「K-30」がおすすめです。いずれの機種も入門機とはいえ上位機種に負けないくらいの性能を誇りますので、どれを購入しても間違いないでしょう。

続きへ
写真で感動を与えよう
写真で感動を与えよう

プロのフォトグラファーは「写真撮影をすること」が仕事の基本です。ただしその写真には一定以上のクオリティが求められます。クライアントの狙い通りの写真を撮影しつつ、その写真を見た人々が感動をして心を動かすような写真を撮影できることがプロの条件になります。アルバイトとしてプロのアシスタントの仕事をしながら撮影のテクニックを学び、いつかフリーランスのフォトグラファーとして活躍できるように日々努力を続けましょう。

続きへ